美容外科の説明

Posted on 2017.8.18 By

美容外科という言葉を聞いたことはありますか。これは形成外科や整形外科とは異なり、美容外科とは、体の各部表面の器官、組織(眼、鼻、顔など)の形状に起因する精神的負担の軽減あるいは除去を目的として、形状を美的に形成することをいいます。見た目の問題であり病気ではありません。あくまで正常な機能の部位を治療することになるので、健康保険の適用外になります。

一方、形成外科は、体の表面上の各組織の機能の異常に伴う見た目の異常を治療することを目的としています。この場合、機能の異常を伴っているので、健康保険は適用されます。

この美容外科ですが、近年は注目が集まっており成長拡大され続けているため、日本経済的には非常に注目されている分野になります。美容外科は大学病院ではあまり見かけることはなく、開業医によって技術が進歩してきている分野です。

美容外科では美容整形手術が行われますが、いきなり手術するわけではなく、まずは医師とのカウンセリングがあります。このカウンセリングは、大抵は無料で行ってくれものですが、大変重要なものであり、ここで自分が希望する内容をはっきり明確に伝えるようにしなければなりません。もちろん、費用面の希望も明確にしておきます。

手術後は、当日に自宅に帰れる場合がほとんどですが、希望があれば入院させてくれるクリニックもありますし、手術後に何回か通院する必要がある場合もあります。技術の向上で手術は気軽に受けることができますので、手術に不安を持つよりも、いかにカウンセリングで自分の希望を正確に伝えるかに気を配ったほうがよいでしょう。

未分類